おさかなうまいよ知多半島
おいでん
ホームに戻る
知多うまいもん図鑑
知多半島の魚介といえば、全国的にも有名なトラフグ、ガザミをはじめ、小魚からエビ、タコ、高級魚まで多彩。
ギュッと身のしまった冬のおさかなは、刺身にしても鍋に入れてもおいしいですよ!
真鰯【マイワシ】
20cm前後の大きさで、スーパーでも一年中見かける。刺身やフライはもちろん、つみれ鍋にしても美味しい。
虎河豚【トラフグ】
全長70cmにもなり、味はもちろん値段も王様。刺身も鍋も塩焼きも、なにをしても美味しい。白子(精巣)も格別!
蝤蛑【ガザミ】
俗に「ワカリガニ」と呼ばれ、メスが多く獲れる冬場が最も美味しい。パスタやブイヤベース、韓国料理のケジャンに。
煽烏賊【アオリイカ】
日本全国の沿岸部に生息する大型のイカ。鍋はスープに肝を使ったり、歯応えを残したつみれにして味わうのが人気。
真沙魚【マハゼ】
釣りでおなじみ。天ぷらや刺身があっさりして美味しい。正月には甘露煮にして食べる。
車海老【クルマエビ】
愛知県のシンボルとして選定されている。青みをおびた海老の中でも15cm以上のものを呼ぶ。オドリや旨味を閉じ込める天ぷらがおすすめ。
鮃【ヒラメ】
太平洋西部に多く分布し、最大のもので全長1m体重10kgになる。加熱すると身が硬くなるので刺身などの生食がおすすめ。
目張【メバル】
暖海性の沿岸魚で体長15cm前後で成熟する。煮物や椀種が一般的で、新鮮なものは塩焼きや照り焼きにしても美味しい。
真蛸【マダコ】
身が引きしまって味がよい体長60cmになる冬の真蛸。生で刺身にしたり、薄切りにしてしゃぶしゃぶにするのが人気。
甘鯛【アマダイ】
鮮魚でそのままはイマイチ。開いて軽く塩をまぶして「一汐ぐじ」して。昆布締めや唐揚げで味わうと美味しい。
真子鰈【マコガレイ】
内湾性で浅場に棲み体長は50cm。旬のものは刺身が絶品で、一般的には煮付けや塩焼き。小ぶりは唐揚げに。
皮剥【カワハギ】
丈夫な皮におおわれ、肝の大きさで値段が変わる。旨味ののった白身で、ちり、魚すき、ブイヤベースなどによく使われる。
魴鮄【ホウボウ】
真っ赤な体と鮮やかな胸鰭のコントラストが印象的。鍋にしても煮付けにしても美味しい。
鰆【サワラ】
細長い魚で全長1mが普通サイズ。トロに似た食感があり、秋の刺身は絶品。西京漬や塩焼きで味わうのが一般的。
浅利【アサリ】
昨今は年中味わえる。太平洋側に多く、国内産地の中でもトップの量を誇る。ワカメや玉ねぎを入れたアサリ鍋やブイヤベースで。
若布【ワカメ】
1月~4月に採取が行われる。ミネラルとビタミンが豊富で血液もサラサラにするとか。生わかめのしゃぶしゃぶも美味しい。
鯖河豚【サバフグ】
最も安いフグとされ、漁獲量も多い。水分が多く、昆布締めや一夜干し、塩焼き、フライ、鍋物などに適している。
片口鰯【かたくちいわし】
口の上部より下部が小さいのが特徴。身に歯応えがあり、小骨も一緒に食べられる。味噌を加えてツミレに。
特産品情報!こんな加工品になって販売されてます!
海藻アカモク
生物多様性でも注目されているホンダワラ科の海藻。魚や貝などに生息や産卵の場を提供したり、海水を浄化するのにも役立っています。知多半島では食用として利用されていなかったアカモクを、中部国際空港がパック詰めにして新名物「セントレアの恵み」として発売。豊富なミネラルがあるうえ、シャキシャキとした歯応えと磯の香りがクセになる人気商品です。
買える場所:中部国際空港内
豊浜のアンチョビ
豊浜「まると水産」の5代目が開発した自家製アンチョビ「ボナペチ」。フレッシュな片口イワシを一つ一つ片身をおろして、2ヵ月以上塩漬けし、最後に上質のオリーブオイルに浸して完成させます。嫌な臭みがなく、絶妙な塩加減で食べやすいので、作ってもすぐに売り切れてしまうほど人気。テレビや雑誌で話題の知多産アンチョビ、ぜひ味わってみたいもの。
買える場所:まると水産、豊浜魚ひろばなど
アナゴみりん干し
豊浜産の目白穴子(知多では略して“めじろ”と呼ぶ)をみりんに漬け込み天日干しした知多半島名物。焼くと、さらに旨み成分が凝縮します。香ばしく軽い食感が老若男女を問わずに人気で、ご飯のお供やアルコールのおつまみにぴったり。また、炙る程度でサッと焼けるのでBBQにもおすすめです。
買える場所:豊浜魚ひろば・師崎朝市・魚太郎など
※写真はイメージです。
シラス(ちりめんじゃこ)
水揚げされたシラス(カタクチイワシの稚魚)は鮮度が命。水揚げされるとすぐに加工場へ運ばれ、一気に釜茹でされます。茹であがったシラスはセイロの上に広げられ、温暖な太陽のもと、2時間ほど天日干しに。こうして作られたものが「ちりめんじゃこ」です。知多半島産のちりめんじゃこは、ふっくらとした仕上がりと絶妙な塩加減が人気の理由です。
買える場所:豊浜魚ひろば・師崎朝市・魚太郎など
しこの露、香りの魚醤(魚醤)
知多半島で水揚げされた新鮮な片口イワシを原料に、たっぷり時間をかけて熟成された、旨味たっぷりの天然調味料です。隠し味として鍋物や煮物、炒め物、炊き込みご飯などに使え、少量でも料理の味をいっそう引き立てます。臭みや塩辛さが抑えられ、化学調味料も一切使っていないのでお子さまにも安心!
買える場所:豊浜魚ひろば・スーパーヤナギ・美浜ナチュラル村など
生炊きしらす
第20回全国水産加工品総合品質審査会で、栄えある農林水産大臣賞を受賞したマル伊商店の「生炊きしらす」。ふんわり柔らかい食感で、程よい甘さ。しっかり味が付いているのに辛くないので、ご飯がいくらでもすすみます。リピーター続出の深い味わいを、実感していただきたい逸品です。
買える場所:マル伊商店など
常滑の海苔
伊勢湾に面した知多半島の沿岸部は、海苔の産地として知られています。中でも内湾に位置する常滑の海苔は、色が黒くツヤがあり香りが高いことから、全国でも高い品質評価を得ています。海苔の美味さを堪能できる焼き海苔がおすすめですが、お土産に大人気なのは味付け海苔。海のミネラルと繊維たっぷりの海苔を、美味しく手軽に味わえます。
買える場所:鬼崎地区、小鈴谷地区など、各地区の食料品店や土産物店など